BLOG

2013/07/13 iwamatsu

こんにちは。
大統一Debian勉強会2013実行委員の岩松です。

本イベント会場でハンドタオルの忘れ物がありました。

お心当たりのある方は gum2013@debian.or.jp までご連絡ください。
折り返し受け渡し方法などをお知らせ致します(受け渡しは直接または、着払いとなります)。
 

2013/07/03 小室文

大統一Debian勉強会ではカメラ担当を配置し、勉強会の様子を沢山撮影しました!
ぜひ写真を眺めて、思い出して頂ければと思います!また参加出来なかった皆さんも、雰囲気を味わって頂けると嬉しいです!

 

IMGP4397

当日写真をスライドショーでお楽しみください。全写真はこちら


Created with Admarket's flickrSLiDR.

2013/07/02 小室文

前日設営はどのように行なわれたのか写真でご紹介をします!

 

_IGP4242
個々にタスクの確認をします
_IGP4243
タスクの優先順位を確認。
_IGP4244
チラシの確認
_IGP4245
京都から駆けつけて来てくれた @uwabami
_IGP4246
一休み...
_IGP4247
冊子で盛り上がるメンバー
_IGP4250
誰もいない大学...
_IGP4251
ここが受付になります
_IGP4252
各部屋の前に簡易看板設置
_IGP4253

作戦会議

_IGP4254
パンフに入れるスポンサーのチラシ
_IGP4255
残りタスク確認
_IGP4256
教室の設置開始!
_IGP4258
ハック部屋作成中
_IGP4259
ハック部屋はスポンサーブースも
_IGP4260
黙々と机と椅子を移動
_IGP4262
何とか形になってきました
_IGP4266
セッション用看板

2013/06/29 Kouhei Maeda

昨夜18時過ぎから始めた会場設営、前日準備は22時に終わり、参加した実行委員皆で会場近くのつけ麺食べて解散しました。

いよいよ本日ですね。参加登録した人はもちろん、参加登録していなくても飛び入りで参加できるの知ってましたか?(参加登録はこちらが参加人数を把握したいから登録頂いていたのです。もちろん書いてありましたけど)

参加登録した方も、まだしてない方も、ぜひ多くの方のご来場をお待ちしております!

2013/06/26 Keisuke Nakao

実行委員の中尾です。

大統一Debian勉強会の開催が今週末になりました。
今回の大統一では、10のセッション、5つのアンカンファレンスの他に、持ち時間5分のライトニングトーク(LT)の時間を用意しています。

ライトニングトーク内容をタイムテーブルにある発表概要から、簡単にご紹介します。

 

Debianをインストールしてみた(ただしバージョン0.9x)

たかはしもとのぶさんの発表です。

Debianのインストールレポートは数多くありますが、バージョン0.9xのインストールレポートです。0.9xはおよそ20年前、1994年〜1995年頃にリリースされています。psコマンドの結果ひとつひとつに趣が感じられるそうです。
この時代のDebianを知ってる人も知らない人も、Debianの黎明期を堪能しましょう。
 

Toward Debian powered robots?

Thomas Moulardさんの発表です。

急速に拡大するロボット工学の成長は、ソフトウェアに大きく依拠しており、物理シミュレーションや通信、Vision Processing、リアルタイム制御、複雑なアルゴリズムの実装は、ロボットのアーキティクチャーを構成する上で必須のものとなっています。これらの多くは研究プロジェクトの段階から、広く受け入れられるオープンソースソフトウェアへと変貌をとげています。しかしロボットコミュニティは、サポート不足、Debian開発者とのコミュニケーション不足により、ロボット工学向けにDebianをセットアップすることに苦労しています。

このLTでは、ロボット工学関連ソフトウェアエコシステムと、関連パッケージの現状を概説して、Debianコミュニティが、いかにロボット工学におけるゲームを変えられるかを発表していただきます。
 

Undocumented Debian History

野首貴嗣さんの発表です。

Debian Projectに関する歴史書として、Debian Historyがあります。このLTでは正史にはないあの出来事も明かされます。
 

マイクロソフトのほうからきました

武田正樹さんの発表です。

マイクロソフト様には、今回の大統一Debian勉強会にスポンサーしていただいています。参加者の方で「Debianのイベントにマイクロソフトがスポンサー?」という取り合わせの疑問をもたれた方もいらっしゃるかと思います。

このLTでは、マイクロソフト様が大統一Debian勉強会にスポンサーしていただくことになった背景が語られます。
 

大統一でも使ってるカンファレンス・システムの裏側

紀野恵さん、太田垣恭子さんの発表です。

今回の大統一でも使われている、発表申し込みから、スピーカーからの連絡、タイムテーブル自動作成といった事務局の仕事をサポートするシステムが稼働しています。実はこのblogもこのシステムの一部です。事務局で、このシステムの立ち上げ、運用、カスタマイズを担当されたお二人から、カンファレンス・システムの裏側が明かされます。
 

Debianを用いたCortex-M3マイコン開発事例の紹介

岡部究さんの発表です。

Cortex-M3は、リアルタイム処理が必要な用途向けの32bit ARMプロセッサーです。Cortex-M3で動くアプリをDebianで開発する際のノウハウが紹介されます。
 

Debianの歴史から、ロボット工学における利用、組み込み開発、カンファレンスシステム等、幅広い内容のLTが集まりました。懇親会の前に、是非ご参加ください!勉強会の参加登録もお忘れなく。まだ間に合います!

2013/06/25 iwamatsu
こんにちは。実行委員の岩松です。
 
大統一Debian勉強会 のアンカンファレンスとして CAcert の説明とCACert Assurerによるサイン会(認証会)を行います。
(時間はまだ未定です。)
 
CAcertはユーザーが自由にX.509証明書を持てるようにし、よりセキュアな世界を目指すプロジェクトです。現在各種ブラウザ/OSにルート証明書が組み込まれるよう、ルートCAとしての各種基準をクリアすべく活動しています。
 
ユーザーは相互の身元確認を通じポイントを与え合うことで、より高度な証明書を作れるようになります。今回の大統一Debian勉強会では 多くの CACert Assurer が参加しており、今回来場の方には100ptを渡せる見込みです。
 
詳しくは
をご覧下さい。
2013/06/25 iwamatsu

こんにちは。
PGP/GPGキーサインパーティコーディネイターの岩松です。
先日 PGP/GPGキーサインパーティ参加受付を終了しました。
今回は 33名の登録となり、かなり大規模なキーサインになりそうです。

現在の参加者によるWoTは以下となりますが、

全員お互いにキーサインができた場合は次のようになります。



 


いい感じですね。

参加される方は PGP/GPGキーサインパーティ のページから各データを取得して頂き、リストとハッシュの確認をお願いします。

キーサインパーティでお会いできることを楽しみにしています。

2013/06/24 紀野惠

 実行委員の紀野です。

ANNAIとしても大統一Debian勉強会2013 Webサイトスポンサーとして関わらせていただいています。
今回は毎月行われているDebian勉強会、毎週密かに行われている京都のDebian Hack Cafeなど、いつもお世話になっている恩返しのつもりでお手伝いをしています。

実行委員のみなさんは、将来的DebConfを日本で開催するという大きな目標を持ってイベントの企画をされています。
MLやプロジェクト管理での議論は非常に活発ですよ。
DebianというIT・Webの世界を20年支え続けている老舗プロジェクトにおいて、この熱量はどこからくるのかと日々感心しています。

この熱さが伝わるイベントになればいいなと思いますね。

また、カンファレンス・システムの裏側をLTでも話す予定です。
タイムテーブル

是非、参加してください。

懇親会も忘れずに。

2013/06/22 Kouhei Maeda

実行委員の前田です。

早いものですね、いよいよ来週末開催です。まだ参加登録していない方、来週末ですよ!忘れていた人、今すぐナウ!

  • 勉強会一般参加(無料)の登録はこちら
  • 懇親会(有料)の登録はこちら
2013/06/16 Kouhei Maeda

実行委員の前田です。
先日、主題のようなご質問を頂きました。

お問い合わせされた方の意図としては、

「初心者で興味はありますが、知識を持ち合わせていないため、参加することに尻込みしています。初心者は一般参加者の対象に入っているのでしょうか?」

とのことでした。結論としては、一般参加に制限はありません。

通常のDebian勉強会では簡単な事前課題を設定していますが、今回の大統一Debian勉強会では特にそのような事前課題もありませんし、初心者の方も大歓迎です。(通常のDebian勉強会でももちろんウェルカムです)

なお、下記URLにてセッションテーブルを公開しております。

http://gum.debian.or.jp/2013/time_schedule_1



各セッションの説明下部の黄色の枠には、セッション発表者が想定する視聴者のターゲット(どのような人向けに話をするつもりか)を記載しています。セッションによっては、Debianの基礎的な知識を必要とする内容もありますので、セッションテーブルの視聴者ターゲットと、各セッションのリンク先にはセッション内容の詳細説明がありますので、そちらもご参照下さい。

2013/05/29 吉田 俊輔

こんにちは。会場&懇親会担当の吉田です。
副実行委員長も担当しています。

セッションのリストとタイムテーブルが公開され、大統一Debian勉強会の開催まで
残りちょうど1ヶ月となりました。

本日(5/29)夕方より参加登録および懇親会登録を開始しました。
参加を予定されている方、是非ご登録をお願いします。

また、会社や学校、SNS等で大統一Debian勉強会に
興味がありそうな方がいれば、紹介してみて下さい。

大統一Debian勉強会 参加登録サイト
http://www.zusaar.com/event/739003

大統一Debian勉強会 懇親会登録サイト
http://gumdebianjp2013.peatix.com/

それぞれ別の登録となっています。

また、Debianおよびフリーソフトウェアの開発に重要なPGP/GPGキーサインが行える
PGP/GPGキーサインパーティについても登録が開始されています。
http://gum.debian.or.jp/2013/key_signing_party.html
こちらもよろしくお願いします。

大統一Debian勉強会およびPGP/GPGキーサインパーティの参加は無料です。

懇親会については有料となっています。
懇親会では発表者の方および参加者の方と交流ができますので、
是非ご参加ください。

皆様のご参加、ご登録よろしくおねがいします。

2013/04/29 赤部 晃一

こんにちは。Web担当の赤部です。

セッションの応募が締め切られ、大統一Debian勉強会の開催まで残り2ヶ月となりました。
各委員の作業分担などが決定したのが2月の下旬でしたので、それから2ヶ月。ちょうど半ばとなります。

ということで、今回は皆様に実行委員会の様子をほんの少しだけお伝えしようと思います。

実行委員同士の話し合いはDebianの開発と同様に殆どがメーリングリストで行われております。
いったいどれほどの数のメールが投稿されたと思いますか?数えてみました。

3月1日から数えて1268通。
4月以降のメールが900通以上を占めています。1日あたり30通以上の計算になりますね。

さらにMLに投稿されないような各委員同士の些細なやり取りも入れたら、もっと多くなるのではないでしょうか。
たった1日の勉強会を成功させるために、膨大な議論が交わされているんですね。
意見が対立して苦しいことも多々あります。しかしその分、勉強会が成功した時の喜びは大きくなるものと信じています。

これから後半戦が始まります。
セッションの発表も間近に控えており、今後更に活気が出てくるのではないでしょうか。

皆様の中に、勉強会に今すぐ参加したいという方はいませんか?
まずは興味のあるセッションをツイッターやフェイスブックで宣伝してみて下さい。
会社や学校で友人に紹介してみて下さい。
お小遣いが足りなくて電車代に困っている方、家族に相談してみて下さい。

皆様の参加によって勉強会が大成功することを期待しております。

2013/04/24 Kouhei Maeda

タイトルはお約束ですが、でも、お気づきでしょうか?

CFPの締め切りは気がついたら今度の日曜日(4/28)です。

ぼちぼち応募数が増えてきましたが、出すつもりでまだの人はそろそろお尻に火がついてきましたね。

「もう締め切りまで時間ないのに、なんも資料もネタも準備できとらんよ」

勘違いしている方には朗報です。

CFPの応募締め切りまでに発表資料は必要ありません。
CFPで応募するのはあくまで、どんな発表をするのかについてのabstractです。
またCFPに応募したら必ず発表できるわけではありません。
応募を締めきったあと、実行委員会による選考の上で発表者が決まります。

Debian勉強会は、通常の勉強会とは異なり、事前配布資料という薄い本を用意しています。
大統一Debian勉強会でも発表者にはこの冊子用の資料を用意して頂きます。
この冊子用の資料の締め切りは、6/10(月)です。勉強会自体は6/29(土)です。

お分かりでしょうか。

もう今度の日曜までしか時間がない、と考えるんじゃない。逆に考えるんだ。
 

  1. まずは、とりあえずCFPに応募する
  2. 6/10までに冊子用の資料を用意する
  3. 6/29の当日までに発表用の資料を用意する

とすれば、まだまだ時間的な余裕があるのです。
※但し、CFPが選考されたら、キャンセルはできませんので、そこのところはお忘れなく!

ということで、まだ出してない人は、はよ出しませう。

2013/04/08 Keisuke Nakao

昨年、京都大学で開催された大統一Debian勉強会が、今年は東京御茶ノ水で開催されます。本日から、CFP(Call For Presentation)すなわち、発表申し込みが開始されました。(応募要項はこちら)

発表のテーマはずばり「Level up Debian」です。
Level upをテーマに「Debianを使いやすくする発表」や「いままでやっていなかった事をDebianでやってみた発表」など、自由なDebianの使い方を発表してください。

今年の大統一Debian勉強会のテーマが「Level up Debian」なので、少しでもDebianを使って皆さんがレベルアップできるようワークショップの企画も進んでいます。

6月29日は、御茶ノ水に集まって、みんなでレベルアップしましょう!