タイムテーブル

時間 131教室 134教室 アンカンファレンス(133教室) Hack Room  (132教室)
10:00 -
10:10
実行委員
     
10:15 -
11:00
岩松 信洋
Erlang / rebar を debhepler に対応させるためのツール「dh-rebar」についての解説とdebhelper における プログラミング言語対応の仕組みについてお話します。
Debian開発者 パッケージメンテナ Erlang debhelper
野島 貴英
debianにてdbgパッケージとgdb+pythonでphp5のphpレベルのソースコードデバッグをすることについて述べます。
イケてるdebian使いになりたい人向け/ソフトウェア開発者/gdb/php5/python
 
11:15 -
12:00
前田耕平
開発環境にSid、本番環境にUbuntuという環境で、ツールの開発, debパッケージ作成、yumローカルリポジトリの提供などをどのように行なっているかお話します。
サーバー管理/パッケージ管理
g新部 裕
Gnuk TokenはGnuPGの鍵を保持するセキュリティ・トークンで、自由ソフトウェアの実装で動いています。 GnuPGやOpenSSHを使うユーザは是非、使いましょう。というお話。
GnuPG利用者/OpenSSH利用者/Debian開発者
 
12:00 -
13:30
       
13:30 -
14:15
Kazumi HIROSE
Microsoft Windows AzureでのDebianやその他Linuxへの対応近況や、DebianからAzureを活用する方法について、最近のOSS支持の姿勢や取り組などを話します。
サーバー管理者/クラウド管理者/ネットワーク管理者
佐々木洋平
牧歌的時代から引き継がれてきた、いわゆるancient freewareを現代的な「フリーソフトウェア」とし、Debianの公式パッケージにするために行なっているアレコレについてお話します。
ソフトウェア開発者/パッケージメンテナ
 
14:30 -
15:15
村越俊克
Linkdraw という描画ツールを開発しました。このツールの紹介と導入事例を発表します。
運用ツール開発
やまねひでき
Debianパッケージ用の作成・テストツールを見直し、改善を試みている試行錯誤の様子を紹介します。
パッケージメンテナ
 
15:15 -
16:00
       
16:00 -
16:45
西山和広
resolvconf パッケージなどとの連携方法や独自に同じようなスクリプトを作成する方法について話します。
サーバー管理/ネットワーク管理
伊東宏之
研究・開発でDebianを使っている方に便利なグラフ作成ソフト ngraph-gtk の紹介を行います。
アプリケーションユーザー/ソフトウェア開発者
 
17:00 -
17:45
Thomas Moulard
Package / Robotics
野首貴嗣
debian-historyパッケージにはしかしここには記述されていない出来事を。適当に選んで紹介します
Debian Project自体に興味のある人
紀野惠
太田垣恭子
大統一Debian勉強会でも使っているカンファレンス・システムは、CFP公募・スピーカーとの連絡・タイムテーブル自動作成など、裏側で事務局を支援する機能が動いています。そのバックエンドをお話しします。
岡部 究
Cortex-M3マイコンプログラミングをDebian GNU/Linux上で行なう際のノウハウをご紹介します。
マイコンプログラミングに興味のある開発者
荒木靖宏
サーバー管理、Debianユーザ
     
17:50 -
18:00
実行委員