とあるWeb企業でのDebianシステムの使い方。

想定する受講者層: 
サーバー管理/パッケージ管理
時間: 
6月29日 11時
15分
Room: 
131教室
前田耕平
公開用プレゼンデータ アップロード: 
公開用 ビデオ / スライド 共有: 

アメーバサービス向けのシステムはほとんどがCentOSを使っていますが、Ubuntuもサービスを支えるシステムや直接のサービス向けのシステムにおいても徐々に増えてきています。
その中で私が構築、管理している(していたが今は他の人が担当している)システムでのサーバ管理、パッケージング、ツール開発のプロセスについてお話します。
RHEL系のシステムが多いけど、Debianが好きで、できれば職場でもDebianシステムを使いたい、という方のヒントになればと思います。

スピーカー・プロファイル: 

株式会社サイバーエージェントの中の人として話します。
昨年までDebian JP Project会長でした。
Pythonで自動化ツールの開発やPython関連のDebianパッケージメンテナンスやってます。